燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

仕事を辞めたいけど、辞められないとき、どうすればいい?

公園のベンチ

仕事を辞めたいけど、辞められない理由は?

仕事を辞めたいけど、辞められない方、毎日職場へ行くのは、本当に気が重いし、ストレスを感じることでしょう。
辞めたいという気持ちで、頭の中がいっぱいの状態になっているかもしれません。
本当は仕事を辞めたいけど、いろいろ具体的なことを考えると、やっぱり辞められないと思ってしまう。

そんなときは、どうすればいいでしょうか?
仕事を辞められないのは、どんな理由ですか?

人手不足なのに、辞めると迷惑がかかり、何を言われるかわからない
辞めたくても、職場の上司が許してくれない
今の職場は条件がいいので、辞めてしまうと、他に同じように条件のいい仕事は見つからない
辞めると、たちまち生活できなくなる
家族に反対される
仕事をしていないと不安

辞められない理由はさまざまだと思いますが、全部推測ですよね。
実際は、推測通りにはならないかもしれませんね。
もし推測ではなく事実だとしても、問題を解決できる方法は、きっとあるはずです。
仕事を辞めたいけど、辞められないというのは、思い込んでいることが多いのです。

まずは、自分が本当はどうしたいのかを知る

まずは、自分が本当はどうしたいかを知るために、自分に向き合ってみてください。
本当に辞めたいのか、それとも職場の環境が変われば、辞めなくてもいいのか。
今の仕事は自分のやりたい仕事なのか、やりたくない仕事なのか
やりたいけど、人間関係が苦痛なだけなのか

寝ている猫の顔

辞めるのではなく、休むという方法も

私も昔がんばりすぎて燃え尽き症候群になったとき、責任ある立場だったため、絶対に休むことも辞めることもできないと思い込んでいました。
自分の代わりをできる人はいないし、たちまちみんなが困るので、無理だと思って、ギリギリまでがんばってしまい、結局ダウンして、周りに迷惑をかけることになってしまいました。
早めに休んでいれば、もっと回復が早かったのかもしれません。
絶対に休めないというのは、思い込みで、実際は私がいなくても職場は回るし、なんとかなったのです。
私の場合は、本当に自分のしたいことで、がんばりすぎが原因だったので、すぐに辞めるという選択はせず、まずは休ませてもらいました。

燃え尽き症候群やうつ状態になりかけている方は、すぐに辞めるのではなく、まずはしばらく休むという選択もできます。

自分のこころと身体の声をきく

いくら考えても、本当の気持ちがわからないときは、自分に心と身体に聞いてみてください。
すぐには、答えは出ないかもしれません。

まずは、一人でゆっくりできる時間を持ち、リラックスしてください。
自然の中だと、一番いいですね。

例えば、休みの日に、公園や山や川など、自然のあるところへ行って、そこでじっくり自分に向き合ってみる
または、自分の部屋で、アロマを炊く、音楽を流すなど、ゆっくりできる環境を作り、目を閉じて呼吸に意識を向けて、瞑想してみる。
そうすると、自分の気持ちが、わかりやすくなります。
頭で考えるのではなく、直感や感覚を大事にしてくださいね。

頭であれこれ考えすぎると、どうすればいいのかよけいにわからなくなります。
もし辞めたらどうなる、辞めなかったらどうなると、同じことばかりぐるぐる考えていると、脳は疲れ、ストレスがたまります。
一度考えるのを止めて、感じてみてください。

もしもすぐに、答えがみつからないときは、焦らず時間をかけて、また次回にしましょう。

テーブルの上のお茶

辞めた場合と辞めない場合をイメージしてみる

辞めたらどんな生活になるのか、頭で考えるのではなく、リラックスして目を閉じて、イメージしてみてください。
できるだけ具体的にイメージしてくださいね。

どんなところで、どんな生活をしているのか
仕事をしているならどんな人とどんな職場でどんな仕事をしているのか

イメージできたら、その時の気持ちを感じてみてください。
どんな気持ちになりましたか?
ワクワクした気持ち、緊張した気持ち、など感じてくださいね。

次に、辞めなかった場合、今までと同じではなく、周りの変えられそうな環境を変えてみて、どんな感じになるかイメージしてみてください。
環境が変われば、感じ方も変わると思います。
目を閉じて、新しい環境でどんな風に感じるか、観察してくださいね。
イマージすることで、何かがわかりましたか?

もしも環境を変えたら、今の職場でもやっていけそうなら、どうすれば環境を変えられるのかを、考えましょう。
思い込みを捨てて、新たな気持ちで考えると、何かアイデアが浮かぶかもしれませんね。
例えば、いつも一緒に働いている同僚との関係がうまくいかなくてつらい時、他の人と今と同じ仕事をしている場面をイメージすると、仕事を楽しめていることがわかったとします。
そしたら、その同僚と一緒に仕事をしなくてもいい方法を考えます。
絶対そんなことできないと思うかもしれませんが、何か方法はないでしょうか?
職場で、信頼できる人に相談してみてもいいかもしれませんね。

そして辞めたときに自分が生き生きと働いているイメージが持てたら、辞めることも考えましょう。
実際にどうすれば辞められるのか、考えてみてください。
条件のいい仕事が見つからないというのも、思い込みかもしれません。
いろいろな方法で探してみてはどうでしょうか?
運やタイミングもあるので、焦らず、じっくり探してみてくださいね。
しばらく失業保険をもらいながら、探すという方法もありますよ。

自分一人では、なかなかイメージできないという方は、お手伝いできます。
カウンセリングを受けることで、より深い気づきが得られ、自然に答えが出てくることがよくあります。
誠意を持ってお話しをお聴きしますので、一度試してみてくださいね。

カウンセリングのお申し込みはこちらです。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」チェック自己診断テスト(無料)

    燃え尽き症候群のチェックツールMBIを元に、働く女性向けに、精神保健福祉士・カウンセラーの私が編集したものです。あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む