燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

働く女性が、燃え尽き症候群かなと思ったとき、誰に相談する?

こんにちは、燃え尽き症候群になりそうな働く女性を応援するカウンセラー、花里せつこです。
今日は、燃え尽き症候群になったかなあと思ったとき、誰に相談したらいいのかについてお話ししたいと思います。

燃え尽き症候群かなと思ったとき

これまで、利用者のために私が頑張るしかない、私がやらないと利用者が困ってしまう、そういう思いで、突っ走ってきた福祉の職場で働くAさんは、自分では気づかないうちに少しずつ疲れがたまり、ある日、最近気力が湧いてこないことに気づきました。燃え尽きた感じがします。

それまでのことを振り返ると、いろんな症状が燃え尽き症候群に当てはまるような気がして、ひょっとして私は燃え尽き症候群になっているのかなあと、思い始めました。

でも、仕事は忙しくてなかなか休みも取れず、病院へ行くほどでもないし。
誰かに相談したいけど、誰に相談したらいいのだろう、と悶々としながらも、日にちが過ぎていきました。

そのままにしておくと、どんどんひどくなりそうな気もします。
燃え尽き症候群になったら、どうすればいいのだろう、と不安になります。
そんな時は、誰に相談すればいいのでしょうか?

1、 職場の上司や同僚に相談する
2、 信頼できる友達に相談する
3、 無料電話相談を利用する
4、 専門のカウンセラーに相談する

職場の上司や同僚に相談する

もしも職場で上司と信頼関係ができているなら、職場の直属の上司に相談しましょう。

職場の上司なら、あなたの仕事の量、仕事ぶり、職場環境、あなたの性格、など、ある程度わかってくれているはずなので、あなたがつらい状況にあると分かれば、対策を考えてくれるはずです。
例えば、仕事の量を減らす、仕事の分担を少なくする、休憩を取れるように配慮する、など、職場の中で、できることはいろいろあるでしょう。
早め早めに対策を立てれば、燃え尽き症候群にならずにすむはずです。

もしも職場で、直属の上司に相談しづらいときは、他の上司や同僚で話しのできる人に相談してみましょう。

他の上司なら、ひょっとして直属の上司やもっと上の上司に言ってもらえるかもしれません。
もしも、言ってもらえなかったとしても、あなたの職場の状況はわかってもらえると思うので、どうすればいいのか一緒に考えてくれるでしょう。

同僚なら立場が同じなので、あなたの気持ちを理解し、共感してくれることで、あなたの気持ちも軽くなり、それだけでも元気がもらえるかもしれません。

職場の中で、信頼して話しのできる人が、いるかいないかが、大きなポイントですね。
職場の中で、信頼できる人がいれば、燃え尽き症候群になる確率は、ぐっと下がってきます。

そうはいっても、職場では誰も話しのできる人は、いない。
仕事の話しはできるけど、プライベートなことは話せない
職場では頑張っている姿しか見せてないので、仕事がしんどいとは、とても言えない
そんな方も多いのではないでしょうか?
そんな時は、誰に相談すればいいのでしょう?

海

信頼できる友達に相談する

気の合った信頼のできる友達に相談するのも、いい方法かもしれませんね。
話しを聞いてもらい、共感してもらうだけで、気持ちが軽くなるでしょう。
ひょっとしたら、その友達も同じような不安を抱えているかもしれません。
そうでなくても、気持ちを聞いてもらえて、わかってもらえて、そう感じるだけで、ずいぶん違うはずです。

自分の悩みを小さく感じたり、そんなにがんばらなくてもいいのだなあと気づけば、もう解決したようなものです。
仕事をするのも楽になるはずです。

しかし、そんなにうまくいく場合ばかりではなく、なかなか友達に話しても、共感してもらえなかったり、愚痴を言うだけで終わってしまい、何の進展もなかったり、友達の何気ない一言に傷ついたり、そんなこともあるかもしれません。

友達は好意でアドバイスしてくれたり、励ましてくれたりしていることが、気持ちが弱っているあなたにとってはそう受け取れず、責められているような気がしたり、わかってもらえていないような気がしたり、というのは、よくあることです。

元気なときにはうまくいっていた友達関係が、そんなことでうまくいかなくなるのでは、つらいですよね。

無料電話相談を利用する

もしも、友達に相談するのは抵抗がある時は、例えば、無料の電話相談を利用してみるのは、どうでしょうか?

行政がやっているもの、民間のボランティア団体がやっているものなど、いろいろな電話相談がありますので、自分に合うところを探してみましょう。

電話相談のいいところは、

相談室などに行かなくても自宅から気軽にできるので、時間の短縮になる
朝早くや夜間でも、対応してもらえる場合がある
予約なしでも、対応してもらえる場合が多い
顔を合わさなくてもいいので、人に会いたくないときには、気が楽
無料なので、金銭面を気にせず、利用できる

など、いいところがたくさんあるので、一度利用してみてもいいでしょう。白い花

専門のカウンセラーに相談する

いろな心理療法を使ったものから、ただ気持ちに寄り添って聞いてくれる、具体的なアドバイスをしてくれる、など、いろんなタイプがあります。

カウンセリングのいいとことは

じっくり話しを聞いてもらえる
実際に顔を合わせるので、信頼できそうな気がする
全体の雰囲気や表情なども、くみ取ってもらえる
専門的なフィードバックがもらえる
継続的にサポートしてもらえる
カウンセラーの表情や雰囲気もわかるので、安心できる

などが、あります。
いろいろなタイプがあるので、あなたに合ったタイプを見つけてくださいね。
まずは、お試しカウンセリングを受けて、合うかどうか確かめてみるのがいいと思います。

HANAカウンセリング・ルームが、提供している「気力が蘇るカウンセリング」も、もし良かったら、体験してみてくださいね。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む


最近気力が湧かない、元気が出ない、燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方へ、無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」をプレゼントします。

無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」

燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方、いきなり対面やスカイプで話すのは抵抗がある、そんな時は、メールで相談してみませんか?初めての方は、無料で相談できます。今お悩みのことに対して、少しでも前に進めるヒントを、お伝えします。

無料メール相談