燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

うまくコミュニケーションが取れていない時の部下への叱り方

8b5ab5384015a1a3dc29ca0680470c40_s

こんにちは、部下とうまくやりたい!を実現する専門家、花里せつこです。
職場で部下との関係に悩む経営者や管理職の方に、無理に部下を変えようとしたりあなた自身変わろうとしなくても、そのままのあなたを認め自信を持つことで悩みを解決する方法をお伝えし、サポートしています。

コミュニケーションがうまく取れていないと叱り方も難しい

部下とのコミュニケーションがうまく取れずにお悩みの方、その中でも特に難しいのが、部下への叱り方かもしれません。
私もずっと苦手でした。
普段からうまくコミュニケーションが取れていれば、部下が何か失敗したり、間違えたりしても、叱り方に困ることもなく、自然に注意できると思います。
叱られた方もすんなり受け取ってくれることでしょう。

でも普段うまくコミュニケーションが取れず、あいさつぐらいはするけど、それ以上話しが続かなかったり、雰囲気がぎこちなくなったり、なんとなく関係がギクシャクしている場合。
そんな関係の中でも、部下が何か大きなミスをしたら、上司としてなんらかの指導をしないといけないですよね。
どんな叱り方をすればよいのかわからず、難しいなあ、どうしようと思いながら叱っても、きちんと部下にあなたの気持ちが届くでしょうか?
こんな叱り方でいいのだろうか?自分には叱る資格があるのかなあと自信が持てないまま叱っても、言いたいことが伝わるでしょうか?

本当は日頃の関係が大事なのです。
信頼関係が築けているかどうかですね。
うまくコミュニケーションが取れていれば、叱り方に悩むこともありません。
でも、普段から部下とうまくコミュニケーションが取れていない場合も、どんな叱り方がいいのかわからない場合も、なんとかしないといきません。
どうすればいいでしょうか?

うまく叱れないと自信をなくす

ある会社で、何度注意しても遅刻を繰り返す部下がいました。
上司であるAさんは、全く改善しないのは、叱り方に問題があるのかと悩み、だんだん自信をなくしていき、コミュニケーションもうまく取れなくなってきました。
そうなると悪循環で、コミュニケーションがうまく取れないため、指示したことがうまく伝わらなかったり、お互いに確認しないまま間違ったことをしてしまったり、遅刻以外にもいろいろ問題が出てきました。
叱り方がわからないため、問題が起きても、そのままになってしまいました。
そして、コミュニケーションがうまく取れないと、精神的にもだんだん落ち込んできます。
Aさんは、ますます自信を失くして、管理職失格だと思い、仕事に行くのも気が重い日々です。
そうなるとつらいですね。

私も過去にAさんと同じような経験をしました。
私がいた職場で、いつも同じ失敗をする部下がいました。
周りのひとたちも困っているので、私が注意しないといけないと思って、時間を取り、話しをして、なぜ同じ失敗を繰り返すのか、どうすれば改善できるのか考えるようにきつく叱ったのです。
結局その部下は、同じ失敗を繰り返し、改善することなく、しばらくすると仕事をやめてしまったのです。
その時に私は、彼が辞めたのは自分のせいだと思い、どんな対応をすれば良かったのかと悩みました。
他にもいろいろなことが重なり、自分は責任者には向いていないのじゃないかとさえ思い、自信をなくしていきました。

まず部下の話しをよく聞き、部下のことを知る

Aさんや私のように最悪の状態にならないためには、どうすればいいでしょうか?
まず遅刻を繰り返す部下がいたら、なぜ遅刻を繰り返すのか、部下の話しをよく聞きましょう。
ひょっとしたら何かの事情があるかもしれません。
事情があって遅れるのか、それとも気持ちの問題、意識の問題で遅れるのか、それを見極めることが必要ですね。
そして部下の普段の行動や言動、仕事ぶりをよく観察しましょう。
どんな行動パターンなのか、どんなことが得意で、どんなことが苦手なのか、
仕事はきちんとできているのか、などよく観察してください。

部下のことは否定せず、サポートできることを伝える

そして、その部下のことは否定せず、遅刻のことだけに絞って、注意しましょう。
いいところもたくさんあるはずなので、そこは認めて、よくないこと、改善すべきことだけに絞って、叱ってくださいね。
遅刻はいけないことをはっきりと伝え、どうすれば遅刻をなくせるのか、その方法を一緒に考えましょう。
起きる時間、家を出る時間も確認します。

そして一緒に考えた遅刻しない方法を実行できるように、サポートできること、その部下のことを信頼していること、一緒に仕事をやっていきたいことも伝えます。
あなたの正直な気持ち、例えば、その部下が遅刻を繰り返すとどんな気持ちになるか、とても残念であることも伝えます。
周りのひとたちも困っていることも伝えます。

その時に、あなたは間違っていないので、自信を持って、いつものあなたのままで、部下に心を開いて、叱ってください。
そうすれば、きっと部下に何かが伝わるはずです。

ポイントは、よくない事柄だけを叱ること、あなたの気持ちを伝えること、そしてそのままのあなたでいることです。

あなたがあなたのままでいることは、とても大事なことです。
あなたのいいところに気づいて、自信も持ってくださいね。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む