燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

看護師辛い、辞めたい、と思ったときにやるべき5つのステップ

看護師と車椅子の子供

燃え尽き症候群からうつになりそうな、働く女性を応援するカウンセラー、花里せつこです。
これまで精神保健福祉士やカウンセラーとして、多くの人をサポートしてきました。

今日は、看護師の仕事が辛い、辞めたい、と思ったときに、どんな方法で乗り越えればいいのか、その方法を、5つのステップに分けて、お伝えします。

1、 まずは、思い切って休みを取る
2、 職場から距離を置き、辛い原因を探る
3、 辛い原因を取り除く方法はないか、考える
4、 安心して話せる人に相談して、一緒に考えてもらう
5、 どうしても状況が変わらない時は、休職や転職も考える

1、まずは、思い切って休みを取る

看護師の仕事が辛い、看護師を辞めたいと思う時は、たぶん疲れがたまっているのだと思います。

忙しくて余裕がなく、疲れていると、辛い気持ちや辞めたい気持ちで、いっぱいいっぱいになり、そのことしか考えられなくなることがあります。

看護師の仕事は、大変です。
患者さんの命に関わることもあり、失敗は許されない、と責任を感じることでしょう。
ストレスも多いので、辞めたいと思う人や、実際に辞める看護師も多いのかもしれません。
でも、せっかくなりたくてなった看護師の仕事を、辛いからと言ってすぐに辞めては、もったいないですよね。

看護師を辞めたいほど辛い時には、思い切って休むことが必要です。
休めば、同僚に迷惑がかかる、上司に嫌味を言われる、職場で肩身が狭くなる、など、いろんなことが気になるかもしれません。

それでも、急に辞めてしまうよりは、まずは休んだ方が、あなた自身にとっても、職場の人たちにとっても、いいことですよね。

まずは、いろいろ気になって、辞めたい気持ちになっても、今は休むことが必要と言い聞かせて、思い切って休んでください。

ナースステーション

2、職場から距離を置き、辛い原因を探る

しばらく職場を離れることで、職場での自分を客観的に見ることができます。

毎日目の前のことをこなしていたら、周りが見えなくなるけど、職場と距離を置くことで、それまで見えなかったことが見えるようになります。

自分を外から眺めるつもりで、どうしてそんなに辛いのか、原因を探ってみてください。
最初から原因はわかっている場合でも、もっと他にも原因がないのか、自分を観察するつもりで、考えてみてください。

原因が思い当たりましたか?

まずは自分で原因を探ってみてください。

どんな原因があるでしょうか?

仕事が多すぎて、いっぱいいっぱいになっている
上司から嫌われているような気がして、辛い
同僚たちの会話の輪の中に入っていけない
家事、育児と仕事の両立が大変
体力的にきつい
若い看護師から、バカにされているような気がする

など、いろいろな原因が出てくるでしょう。

それまで思い込んでいたことだけでなく、意外なところに原因があることもあります。

例えば、自分では、仕事が覚えられなくてそれがストレスになっていると、思っていたとします。
でも、冷静になって考えてみたら、周りの人からは完璧に覚えなくても大丈夫と言われているのに、同僚と比べて自分はできないと思い込んでいただけだと、気づいた。
そんな例も、あるでしょう。

緑の道

3、辛さの原因を取り除く方法がないか、考える

原因がわかったら、次にどうすればその原因が取り除けるのかを、考えます。

仕事が多すぎるなら、同僚や上司に相談してみる
または、自分で工夫して、仕事を簡略化したり、やらなくていいことまでやっていないか、チェックしてみる
家事や育児の負担が大きいなら、夫婦でよく話し合いをしたら、誰かにお手伝いをお願いできないか考えてみたり。
同僚や上司との人間関係で悩んでいたら、しんどい人と、なるべく距離を取れないか考えてみる

など、職場から離れて、自分を客観的に見ることで、何か気づくことがあり、原因を取り除く方法を、思いつくかもしれません。

4、安心して話せる人に相談して、一緒に考えてもらう

自分一人で考えていると、余裕があれば、いい考えが浮かんでくることもあるけど、ほとんどは、同じことをグルグル考えたり、ますます悩みの渦に入ってしまったりすることが多いですよね。

そんな時は、安心して話せる人に、相談しましょう。
同じ職場に安心できる人がいれば一番いいですね。

家族や友人に安心できる人はいませんか?

私が過去に燃え尽き症候群になった時は、身近の人には相談できず、専門家のカウンセリングを受けました。

信頼のできる家族や友人がいても、忙しそうだと遠慮したり、迷惑をかけたくないと思って躊躇してしまったり、そんなこともよくあります。

専門家だと、じっくり話しを聞いてくれ、守秘義務があるので、どこにも知られることはなく、安心して話せます。

話しを聞いてもらうことで、自分の気持ちが整理できたり
辛い原因が、自分で思っていたことと違っていたり
自分一人では気づかなかった辛さを取り除く方法がわかったり

そんなこともあるかもしれません。

ただ専門家を選ぶときには、ちょっと注意が必要です。
専門家の方はそのつもりがなくても、受け取る側は、押しつけられているように感じたり、何気ない一言に傷ついたりすることもたまにあります。
まずは、その専門家が自分に合っているのかどうかを、よく見極めてくださいね。

何度か話しを聞いてもらうと、わかると思うので、その時は、遠慮せず、相談をやめるか、交替できるなら、別の人に変わってもらいましょう。

私の場合は、他に自分の気持ちを話す場がなかったので、寄り添って聞いてもらうだけで、とても助かりました。
転職、別居、離婚など、一人ではどうすればいいのかわからないことを、一緒に考えてもらい、前に進むことができました。
私にとって、心強いサポーターになってくれました。

テーブルの上に花

5、どうしても状況が変わらない時は、休職や転職も考える

精神的に辛い時は、できれば周りの環境はあまり変えない方がいいのですが、でもどうしても、環境を変えない限り楽にはならないことがわかれば、転職も考えましょう。
でも、その前に、もしも、かなり辛くて病院で診断書を書いてもらえる状態なら、辞める前に、休職することをお勧めします。

休むことで、エネルギーが充填されて、気持ちが変わることもあるので。
どちらにしても、一人で決めないで、必ず誰かに相談してくださいね。

カウンセリング・ルームHANAでも、ご相談を受けつけています。
無料のメール相談もありますので、是非ご利用ください。
どうすればいいのか、一緒に考えましょう。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」チェック自己診断テスト(無料)

    燃え尽き症候群のチェックツールMBIを元に、働く女性向けに、精神保健福祉士・カウンセラーの私が編集したものです。あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む


最近気力が湧かない、元気が出ない、燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方へ、無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」をプレゼントします。

無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」

燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方、いきなり対面やスカイプで話すのは抵抗がある、そんな時は、メールで相談してみませんか?初めての方は、無料で相談できます。今お悩みのことに対して、少しでも前に進めるヒントを、お伝えします。

無料メール相談