燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

できない部下を育てるには、まずできない理由を知る

e6d97f8afbd24288c9c38d0cb95025d9_s
こんにちは、部下とうまくやりたい!を実現する専門家、花里せつこです。
職場で部下との関係に悩む経営者や管理職の方に、無理に部下を変えようとしたりあなた自身変わろうとしなくても、そのままのあなたを認め自信を持つことで悩みを解決する方法をお伝えし、サポートしています。

仕事ができない部下で悩んでいる方、できない部下を育てるのは、大変ですね。

できない部下を育てる方法は、普通の新人を育てる方法とは違う

何度教えても、同じ失敗をする
なかなか仕事が覚えられず、仕事を任せられない
指示したことが理解できない
報告、相談なしに、自分勝手に仕事をすすめる
注意しても、遅刻を繰り返す
仕事が遅い
ルールが守れない
注意すると言い訳をする

などなど、いろんなタイプのできない部下がいると思います。
どうやって育てるといいのでしょうか?

普通に新人を育てる方法をそのままあてはめても、うまくいきませんよね。
仕事ができない人の場合は、育てる方法も違ってきます。

普通は、一度教えればできるようになることでも、できない部下だと一度ではマスターできないでしょう。
それは、能力の問題のこともあれば、やる気や意識の問題のこともあれば、習慣や性格の問題のこともあるでしょう。何らかの障害を抱えていたり、病気だったりすることもあるかもしれません。
できない部下を育てるには、まずその人に合った方法を選ぶ必要があります。

部下が仕事をできない理由を見極める

ちょっと想像してみてください。
例えば、ある職場で、普通の人なら1ヶ月もすれば覚えられる仕事を、3ヶ月経っても覚えられない人がいたとします。
本当は早くその仕事を任せてしまいたいのに、いつまでも任せられず、上司であるあなたは、困ってしまいました。
早く育ってほしいけど、育てる方法がわからない
他の人ならできることが、なぜこの人はできないのだろう?
自分の教え方が悪いのだろうか?
育てる方法を間違えたのだろうか?
といろいろ悩んでしまいます。

でも、安心してください。
あなたの教え方が、悪いわけではありません。
育てる方法を間違った訳ではありません。
なぜその人だけ、仕事を覚えられないのでしょうか?
なぜその部下が仕事を覚えられないか、見極めることが大事です。

部下を育てるとは、その人に成長してもらい、良くなってもらうこと。
よくできる新人は、どんどん育ちますね。
最初は、頼りなくて、初々しく、自信なさそうだったのが、1年もすると、仕事も覚えて、自信もつき、しっかりしてきます。
ところが、できない部下の場合は、そんなにうまくいきません。
上司としては、しっかり育てているつもりなんだけど、なかなか育たないのです。
1年経つと、頼りなく初々しい感じはなくなります。だけど、仕事はマスターできず、同じ失敗を繰り返したり、基本的なところで間違えたり、指示が理解できていなかったり、新人の頃とあまり変わりません。
それが2年経っても3年経っても、あまり変わらず、成長がないのです。
謙虚さがなくなり、新人よりよけいに、扱いにくくなります。

そんなできない部下をどうやって育てればよいのでしょうか?
何をやってもできない人が、突然できるようになるでしょうか?
難しいですよね。

まず部下が仕事をできない理由を知り、サポートする

それにはまず、相手をよく知り、なぜその部下が、仕事ができないのか、その理由を知り、できるようになる方法を一緒に考え、できるようになるまで、サポートすることです。

例えば、何度教えても仕事を覚えられない部下の場合、まず、部下の話しをよく聞いて、どうしてなかなか仕事が覚えられないのか、一緒に考えましょう。
いろいろな理由が重なっていると思います。
部下の普段の行動もよく観察して、どんな行動パターンがあるのか、その部下の特徴を知ってください。
ひょっとしたら、意識を変えるだけで、仕事が覚えられるようになるかもしれないし、覚えるコツを知るだけで、できるようになるかもしれないし、もっと根本的に理由があるかもしれない。
部下自身が自分では気づかないこともあるので、上司であるあなたが、部下のことをよく知り、覚えられない理由を知ることが大事です。

そして理由がわかれば、本人にそのことを自覚してもらい、どうすれば改善できるのかを一緒に考えます。
具体的な行動を決めて、それを守れるようにサポートすることを伝えます。

この方法は、部下との関係が重要になります。
まずあなた自信が、部下が仕事ができないのは、あなたのせいだとは思わず、部下が悪いとも思わず、ただうまくいってないだけだと思ってください。
そして、あなたのやり方は間違ってないので、自信を持って、心を開いてその部下に向き合い、リラックスして、話しかけてください。

そうすることで、その部下も、打ち解けて話しやすくなります。

部下との関係がうまくいっていないと、部下が自分の正直な気持ちを話してくれたり、自分の苦手なこところ、できないところを教えてくれたりするのは、難しいかもしれません。
あなたが信頼されていることが大事です。
あなたの方から心を開いて、是非いい関係を作ってください。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む