燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

燃え尽き症候群からなかなか回復しないとき、どうすればいい?

パソコンの前でダウンする女性

働く女性が燃え尽き症候群になって、仕事を減らしたり、休んだり、クリニックで治療したりしても、なかなか回復しないとき、どうすればいいでしょうか?

普通は燃え尽き症候群になっても、しばらく休んだり、ストレスを減らしたり、なんらかの治療をしたりすると、数ヶ月で回復に向けて少しずつ進んでいきます。
燃え尽き症候群になってから何らかの方法で回復の努力をして3〜4ヶ月経っても、なかなか回復しない時は、ちょっと立ち止まって、なぜ回復しないのか、理由を考えてみましょう。
その原因を探ることで、回復へ向かっていけるかもしれません。

燃え尽き症候群になったとき、頑張って仕事を続けている場合と、もう仕事には行けなくなり、休職している場合があります。
どちらの場合も、なかなか回復しないというのは、不安になったり、焦りが出たりすることでしょう。

ペンとメモ

本当に休めているか

燃え尽き症候群になった時、一番大事なことは、とにかく休むことです。
本当は、まとまって長期で休むのがいいのですが、まだ仕事に行こうと思えば行ける状態でそれほどひどくない場合や、長期で休むことが難しい場合は、まずは残業をしないことから始め、勤務時間を短くする、有給休暇を積極的に取るなど、いろいろ方法をやってみて、様子をみます。

仕事中も休憩をとって休む、無理はしない、家でもなるべく休むことを意識するなど、いろいろ努力しても、燃え尽き症候群の症状が改善されず、なかなか回復しないと感じるならば、休みが足りないか、休んでいても本当に休めていないかのどちらかでしょう。
そんなときは。長期で休むことも検討しましょう。

自分では休んでいるつもりでも休めていないことはよくあります。
例えば仕事中に休憩をとっても、無意識で頭の中から仕事のことが離れず、いつも考えてしまって、リラックスできていなかったり、有給休暇を取って休んでも、やり残した仕事のことが気になって、家でも同じことばかり考えていたり。
心配事や不安なことをずっと考えていたのでは、脳が休まっていないですよね。

もしも3ヶ月くらい休職しているという場合、仕事のことは忘れることはできるかもしれませんが、いろいろなストレスは抱えたままで、頭の中が常に悩みでいっぱいだと、休めていないことになります。
身体も緊張し、脳も休まっていないでしょう。

そんな状態だと、なかなか回復しなくて当然ですよね。

環境を変えてみる

例えば、休職することで、自宅にいる時間が長くなり、同居する家族との関係がうまくいかなくなり、それがストレスになっていることがあります。

職場でのストレスがなくなっても、家族と長い時間一緒に過ごすことで今度は別のストレスが生じると、疲れは取れないですよね。

そんな時は、できるだけ一人でゆっくりできる時間と場所を確保しましょう。

私の場合も自宅にいることがストレスだったので、いつも近くの図書館へ行っていました。
そこで長い時間過ごし、なるべく自宅にいる時間を少なくしていました。
図書館でなくても、ゆっくりできるカフェや近くの公園、無料の公共施設など、人も少なくて落ち着ける場所をどこかに見つけましょう。

家族との関係は悪くないけれども、家が落ち着かない、その地域が落ち着かない、そんなこともあるかもしれません。

どこか安心できる場所を探して、毎日そこへ通ってみる、しばらく別の場所で暮らす、という方法もあります。
まずはご家族とよく相談してみてくださいね。

テーブルと鉢植え

今の治療が合っている?

なかなか良くならない場合、今の治療が合っているかどうかも考えましょう。
すぐに良くならないからと、次々変えるのはおすすめしませんが、3ヶ月経ってもなんの変化もなかったり、かえって悪くなっていると感じたり、なんとなく違和感を感じたりしたときは、治療を見直してみてもいいでしょう。

クリニックの先生と信頼できる関係のときは、先生に別の治療法がないか相談してみたり、自分でも調べて提案してみたりしてもいいでしょう。

例えば、カウンセリングを受けたい、認知行動療法を受けたい、薬を減らして欲しい、などまずは主治医に相談しましょう。

もしもそこの医療機関ではやっていない治療法を試したい時は、主治医に相談して紹介状を書いてもらい、別の医療機関に変わることもできるでしょう。

医療的な治療以外にも、例えば、自助グループに参加する、民間のカウンセリングを受けるなど、いろいろな方法があるので、検討してみましょう。

クリニックへ通院しながら、併行していくつかの方法を組み合わせるのもいいですね。

過去の私の場合は、カウンセリングを中心にしながら、クリニックで認知行動療法も受けたり、自助グループにも参加したりしていました。

自助グループは、同じような症状に悩む当事者だけのグループで、仲間として安心して話しができる良さがありました。
悩んでいたり苦しんでいるのは自分だけでないということがわかって、気持ちが楽になったような気がします。
自分より先を行く仲間の存在がとても励みにもなり、目標にもなりました。

ただ私の場合は、自分が落ち込んでしんどい時に、他のしんどい人の話しを聞くことがつらい時期があり、だんだん足が遠のいてしまいました。

私の場合は、2週間に一度のカウンセリングが一番自分に合った方法でした。
安心できる場所で安心できる人に話しを聞いてもらい、フィードバックをもらうことで、いろいろな気づきがあり、前にすすむことができました。
カウンセラーが一緒にそばで、見守ってくれて、応援してくれていたような感覚でした。
自分一人で考えていたら、同じことを何度も考えて、どうしたらいいかわからなくなり、なかなか前に進めなかったでしょうね。

テーブルと椅子

今は私がカウンセラーとして、困っている人のそばに寄り添い、前に進んでいけるように応援したいと思っています。
「HANAカウンセリング・ルーム」では、カウンセリングのご相談を受けつけています。
悩んでいることや今のつらい気持ちを聞かせていただければ、うれしいです。
お試しセッションや、無料メール相談をご利用くださいね。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む


最近気力が湧かない、元気が出ない、燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方へ、無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」をプレゼントします。

無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」

燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方、いきなり対面やスカイプで話すのは抵抗がある、そんな時は、メールで相談してみませんか?初めての方は、無料で相談できます。今お悩みのことに対して、少しでも前に進めるヒントを、お伝えします。

無料メール相談