燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

仕事のできない部下を、別の部署に異動させたくなりませんか?

時計を見てひじをつく女性

職場でできない部下の対応に悩んだとき、その部下を別の部署に異動させたくなりませんか?

そう思っても、異動をさせてほしいと上司に相談するのは、考えてしまう方もいるでしょう。
上司に部下が仕事ができないという理由で異動をお願いすると、自分が上司としてきちんと指導できていないと思われるんじゃないかと心配になったり、異動させるなんて、自分のわがままだと思われないか、など不安になったりするかもしれません。

できない部下を異動させる前にできることがあります。

その部下の話しをよく聞いてください

自分の気持ちは横に置いといて、良い悪いの判断はせず、そのままのあなたの状態で、なぜその部下が仕事ができないのか、その理由を知るために、よく話しを聞いてください。

そうは言っても、最初は難しいかもしれません。

仕事ができない部下に接するのは、毎日のことなので、その部下から離れたい、かかわりたくないと拒否反応がおきてもおかしくありません。
もう顔も見たくないと思ってしまい、異動させるか辞めさせるかしか、方法がないように思うかもしれません。

なぜそんな拒否反応が起きるのでしょうか?

他の人なら1回で覚えられることが、何度言っても覚えられない
わかっていないのに、わかったような返事をする
要領が悪く、ダラダラと仕事をしている
報告もせず、勝手に仕事をすすめてしまう

そんなことが続くと、イライラして、ストレスがたまります。
簡単なことは1回で覚えてほしい
わからない時は、質問してほしい
要領よくてきぱきと仕事をしてほしい
きちんと報告して、指示を仰いでから次に進んでほしい

そんな最低限の当たり前のこともできない人がいるなんて、信じられないという気持ちです。
もう一緒に働くのは限界です。
異動してもらいたいです。
その人に合ったどこか別の部署があるかもしれない

そう考えるのも自然なことです。

それにかかった虹

自分の感情を感じてみる

できない部下の行動にイライラして、もう限界!と感じた時は、深呼吸して、そんな自分の感情を感じてみてください。
自分は今イライラしている

ある中間管理職Aさんのお話しです。
一人の部下が何度も注意しているのに、また今朝も遅刻してきました。

怒りの感情と、空しい思い、腹立たしい思い、徒労感、などいろいろな感情が沸いてきました。

どうしてそんなにイライラするのでしょうか?

ひょっとして、自分が上司としてしっかりしてないからだと思われないだろうかと、周りの目が気になったり
これだけ注意しているのに伝わらないのは、自分が信頼されていないのかなあと、自分に自信がなくなったり
一人が何度も遅刻することで、チーム全体の雰囲気が悪くなると困るなあ、嫌だなあと、思ったり

そんな自分に対する思いかもしれませんね。

本当は、部下が何度も遅刻することは、あなたとは関係ないことです。
もちろん、今までに上司として何度も注意し、指導している場合です。

あなたは、やるべきことはしているのに、それでも改善されないのは、部下自身も問題かまたは、相性が合わないなど、関係性の問題で、あなたが悪いわけでは、全くありません。

あなたはそのままで、自分のせいだと思わず、堂々とした態度で、なぜ何度も遅刻するのか、その理由を良く聞いてください。
その部下の立場に立って、気持ちに寄り添いながら、一緒に理由を見つけ、どうすれば改善されるのか、解決策を考えましょう。

一方的に押しつけたり、注意するのではなく、その人自身が自分で気づき、納得し、自分の意思で動けるように、サポートしてあげてください。

遅刻することがいかに周りに迷惑をかけているのかを、自分で気づけるといいのですが、それが難しくても、あなたの一緒にやっていこうという気持ちが伝われば、何かを感じるかもしれません。

一歩下がって自分をながめる

ポイントは、あなたが自分の感情を横に置いといて、もしイライラしていても、自分はイライラしているなあと、一歩下がって自分をながめるようにします。
そうするとそのイライラに巻き込まれないので、部下の気持ちを受け止める余裕ができます。

部下の話す内容に対して、なんで自分中心なんだろう、なんでそんな甘い考えなんだろうと、カチンとくるかもしれません。
その時は、また一歩下がって、またイライラしそうだなあ、部下のことをバカにしそうだなあと、自分の感情を客観的にながめてみてください。

そうすると、不思議をイライラに巻き込まれずに、冷静に話しを聞くことができます。
そうやって話しを聞いているうちに、その人はその人なりに、努力していたらい、いろいろ考えていたり、どうしようもない理由があったりすることがわから、あなたのその人に対する気持ちも変わってくるかもしれません。

イライラが多いときは、もしかしたら、あなたの過去の経験が関係しているのかもしれません。
潜在意識がそうさせているのですね。

もしどうしてもイライラを抑えられない、どうしても相手の気持ちに寄り添うことができない、そんな方がおられたら、お手伝いしますので、ご連絡くださいね。

ノートと付箋

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む