燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

部下に無視されても、なめられているとは限らない

いすに座り、上を向く男性

部下に無視されていると感じたら、自分はなめられているのだと思いますか?

無視されても、なめられているとは限らない

実際に、部下に話しかけたり、あいさつしても返事がなかったり、報告や相談がなく、顔も合わせないなど、部下に無視されているように感じても、必ずしもなめられているとは、限りません。

部下自身に問題があり、無視するという方法しか取れないのかもしれません。
それとも他に何か理由があるのかもしれません。

職場で部下に無視されるというのは、仕事にも差し障り、精神的にも参ってしまいます。なめられているのでは、と心配になっても当然です。

あいさつをしたら返す、声をかけたら返事をする、というのは、人間として最低限のルールですよね。それができずに無視する人がいるというのは、ほんとに驚きです。
でも現実に部下の中にもそんな人はいるのです。

無視する部下の方は、何とも思っていなくても、無視されている上司の方は、自分がなめられている、バカにされている、と感じてしまいます。
でも実際は、必ずしもなめられていると思う必要はなく、いろんな場合が考えられます。

なめられていると思うと、自分を否定することにつながるので、そう思わない方がいいでしょう。なめられていると思ってしまうと、自分に自信をなくしてしまいます。

人はどういう時に無視するのでしょうか?
相手のことが気に入らない
話したくない
かかわりたくない
反発したい気持ちがある
などが、表面的な理由ですね

でも潜在意識では
自分に自信がないので、自分よりできる人は認めたくない
周りから信頼されている人への嫉妬
という場合もあります

ただ単にぼーっとしていて、気づかずに返事や挨拶をしないという場合もあるかもしれません。

このように、無視されていても、必ずしもなめられているとは限らず、いろいろな場合があります。部下に無視される=なめられていると思う必要はないのです。

ノートとペン2本

無視されるのは、とてもつらいこと

無視というのは、学校のいじめの中でも、いじめられている子どもにとっては、とてもつらいことです。親が子どもに対する虐待においても、無視というのは、一番ひどい方法ですね。親に無視されたこどもは、どんな気持ちのなるのか、考えただけで、つらくなります。
大人の場合も同じです。職場の中でも、誰かに無視されるというのは、どれほど精神的にきついことか、普通に考えてもわかることです。
それがもし、一人ではなく、複数の人に無視されていたら、もう職場には行けなくなるかもしれません。

それだけ、大変なことですが、今ここでは、あなたが上司として、一人の部下だけから無視されている場合を考えてみましょう。
その他の部下とはうまくいっているのに、一人だけ無視する人がいる場合。
なぜその部下は、あなたのことを無視するのでしょうか?

無視されたら、どうすればいいか

あいさつしても返事が返って来なかったら、どうしますか?
なんで返事しないんだ!と注意するか、それとも次からはこちらからもあいさつしないで、無視するか、気にしないで普通にしているか、のどれでしょう?
普通は、あいさつして返事がないと、腹が立つか落ち込むか、どちらかですね。
私の場合は、何を怒っているのだろうか?私のことを嫌っているのだろうか?と、落ち込むことが多いです。
一番いいのは、返事がなくても気にせず、普通に接して、次もこちらから心を開いてあいさつすることです。

例えば、あなたがその部下にお願いした仕事を、質問も報告もなしに、その部下が勝手にすすめて、あなたがやってほしい方向とは違う方向にいってしまった場合は、どうでしょうか?
その結果、会社やお客様に迷惑をかけてしまった場合。そうなると、正直仕事に差し障り、困ってしまいますね。
その場合は、困ることを伝え、注意しなくてはいけませんね。
注意すれば、部下は、素直に謝り、わかってくれるでしょうか?
わかってくれる場合もあれば、わかってくれない場合もありますよね。
部下の性格にもよるし、あなたの言い方にもよるし、普段のあなたと部下との関係にもよるし、一概には言えません。
このような場合は、どうすればいいでしょうか?

部下が無視した理由を知り、関係を作る

まずその部下がなぜあなたを無視して勝手に仕事をすすめたのか、その理由を知ることです。
何か不満があるのか、ストレスがたまっているのか、それともその部下の資質の問題なのか、その理由によって、あなたの行動は変わってくるでしょう。不満やストレスがあるなら、その解決方法を一緒に考えましょう。
それ以外の理由なら改善できることは一緒に考え、できないことは専門家に相談するなど、何らかの手だてが必要です。

なかなか本心を話してくれないこともあるでしょう。でもあきらめないで、話しかけたり、質問したり、何げない会話を大事にしたり、あなたが心を開いて、部下をいつでも受け入れる気持ちが大事です。
時間をかけて、関係を作っていってください。
まずはあなたが、その部下のことを受け入れられるようになり、心を開いて声をかけようと思えるようになることです。
それが難しい場合は、また別の方法を考えましょう。
あなたが自分に自信を持ち、あなたのままで自然にいられるようになれば、部下との関係も変わるはずです。

ご相談いただければ、あなたに合った方法をお伝えし、お手伝いしますね。

三つ葉のクローバー

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む