燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

部下が元気がないときに、コミュニケーションを取るには

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s
こんにちは、部下とうまくやりたい!を実現する専門家、花里せつこです。

職場で部下との関係に悩む経営者や管理職の方に、無理に部下を変えようとしたりあなた自身変わろうとしなくても、そのままのあなたを認め自信を持つことで悩みを解決する方法をお伝えし、サポートしています。

部下が元気がないときに感じること

今日は、部下が元気がないときに、どうやってコミュニケーションを取ればいいのかについて、お伝えします。
元気がない人を見たら、あなたはどう感じますか?
何か怒っているのかなあ
ひょっとして自分に原因があるのかもしれない
それとも、何か嫌なことがあったのかなあ
どう声をかけたらいいのか、わからない
どうやったら、コミュニケーションが取れるのかなあ

いろいろな感情が沸いてくると思います。
元気がない部下に対して、普通にコミュニケーションを取るのは、難しいかもしれませんね。
どうすれば、部下とのコミュニケーションがスムーズにいくのでしょうか?

まずは、元気がないことと、あなたとは、関係ないと思うことです。
部下が元気がないのは、あなたのせいではありません。そして、元気がないことを悪いことだとは思わずに、今はたまたまエネルギーが少ないだけなので、その状態をあなた自身が深刻に考えないようにしてください。
そして、その部下のことを否定的に思わずに、自然にコミュニケーションを取ってみてください。

元気がない人はどんな気持ちか

元気がないときの気持ちは、どういう気持ちでしょうか?
きっと何かうまくいかないことがあったり、思ったような結果が得られなかったり、気持ちがうまく通じなかったりして、ちょっと自分に自信をなくしているのかもしれません。

そんなときは、自分から他の人に積極的にコミュニケーションを取るのは、エネルギーがいりますが、相手から、愛情や信頼を持って、普通に話しかけられると、とてもうれしいものです。
特別に気を使われるより、普通のコミュニケーションがうれしいのです。
元気がない人に合わせて、トーンを下げて、元気のない声で話しかけられるより、普通に話しかけられる方が、うれしいと思います。

いつも元気な人が元気がない時、そんな時は体調が悪いか、ショックなことがあったかのどちらかかもしれませんね。
素直に聞いてみるのが一番。
「元気がないように感じるのだけど、体調が悪いのかな?」

私も昔の職場で、部下が元気がなくて、話しかけても、返事があまり返ってこないし、口数が少なくて、何か怒っているのかなあと、何か気に障ることを言ったかなあと、気になっていました。
あとで、体調が悪く、無理をしていたことがわかりました。

それに対して、いつも元気がない人は、今の職場で働く意欲を失っているのかもしれません。
仕事の内容が合わないのか、自分のやりたいことと違うのか。
それとも、職場の人間関係がうまくいっていないのかもしれません。
それとも、そもそも働くということに、意味が見いだせず、悶々としているのかもしれません。
ひょっとしたら、会社や上司のやり方に不満があるけど、それが言い出せず、やる気を失っているのかもしれません。
いろいろな理由が考えられますね。

でも、例えどんな理由であっても、元気がないというのは、仕事に前向きに取り組めないということ。
前向きな気持ちで仕事をしていると、自然に元気になるはずです。

そんな元気を失くしている部下に対して、どのような方法でコミュニケーションを取ればいいでしょうか?
自然にコミュニケーションを取るには、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

先入観を持たずに、部下のことをよく観察する

まず部下が元気がないことと、あなた自身とは切り離して考えて、自分のせいではないかという先入観を捨てて、部下の行動や態度、表情などをよく観察してください。そうすれば、何か気づくことがあるでしょう。
そして、部下の気持ちを想像しながら、いいタイミングのときに、気持ちに寄り添って声をかけてください。
先入観を持たずによく観察していれば、どのタイミングでどんな声掛けをすればよいのかが、自然にわかってくると思います。
先入観を持ったままだと、それがうまくいかないのです。
自分のせいだとは思わずに、信頼して心を開いて、声をかけ、コミュニケーションを取ってください。部下も何かを感じるはずです。

何度かそれを繰り返し、コミュニケーションが取れるようになり、関係ができてくると、元気がない理由を話してくれるかもしれませんね。
少しでも心を開いて気持ちを話してくれたら、その気持ちを受け止めて、その部下が自信を持てるようなフィードバックをしてあげてください。
ひょっとしたら、その部下は、気持ちを話し、その気持ちを上司であるあなたに受け止めてもらえたと感じただけで、気持ちが軽くなり、元気が出て来るかもしれません。
自分のことをわかってくれている人がいる、と思えることは、とても大きなことですよね。
お互いのことを理解し合えて、思いやれる、そんな職場になるといいですね。

もし、どうしても自分のせいだと思ってしまう、先入観をはずすのが難しい、そんな方は、お手伝いできると思うので、是非ご相談くださいね。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む