燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

看護師の仕事が辛い、辞めたい、と思ったときには、どうすればいい?

疲れた看護師

燃え尽き症候群からうつになりそうな、働く女性を応援するカウンセラー、花里せつこです。

今日は、看護師の仕事が辛い、辞めたい、と思ったときに、どうすればいいのかについてお話しします。

転職を考える前にできることは?

看護師の仕事が辛い、看護師を辞めたいと思うのは、たぶん、多くの場合、頑張りすぎて疲れがたまっているか、ストレスでしんどくなっているとき。

忙しくて余裕がなく、疲れていると、辛い気持ちや辞めたい気持ちで、いっぱいいっぱいになり、そのことしか考えられなくなることがあります。

看護師の仕事は、大変です。
患者さんの命に関わることもあり、失敗は許されないと、責任を感じることでしょう。
仕事に関することや職場の人間関係など、ストレスも多いので、辞めたいと思う人や、実際に退職する看護師も多いと思います。

新人ですぐに、退職したり、別の病院に転職してしまう看護師もいるかもしれません。

本当に辛いときに転職するのも一つの方法ですが、その前にできることはないのか、考えましょう。

血圧計

リラックスして、辛い原因を探る

まずは、辛い原因を探ってくださいね。

少しの時間でいいので、ゆっくりした時間を持ち、自分を外から眺めるつもりで、何でそんなに辛いのか、どうして看護師を辞めたいと思うのか、ぼんやりと考えてみてください。

頭で考えると言うより、リラックスして静かなところで、ぼーっとして、何か考えが浮かんでくるのを待つ感じです。

もしも時間が取れるなら、休みの日に、山へ行き、自然の中を歩いたり、近くの公園の遊歩道を歩いたり、自然にふれることができれば、一番いいですね。

自然の中にいると、こんなことが辛かったのだなあと、ふと気づくことがあります。

ひょっとしたら、辞めたいと思っていたけど、本当は辞めたくないことに気づくかもしれません。
辛いと感じる原因として、頭で考えていたことと、全く違うことが思い浮かぶかもしれません。

忙しい毎日や職場から、一時的に離れることが大事です。

辛い原因が思い当たりましたか?
考えられる原因として、

仕事が多すぎて、いっぱいいっぱいになっている
上司から嫌われているような気がして、辛い
同僚たちの会話の輪の中に入っていけない
家事、育児と仕事の両立が大変
体力的にきつい
若い看護師から、バカにされているような気がする
夜勤があると、リズムが狂う

などが、あります。

でも実際は、必要以上に頑張りすぎていることが原因のことも多いのですよ。

頑張りすぎていることは、自分では自覚がないことが多いので、自分では気づかないうちに、もっとやらないといけないと思い込み、エスカレートしていきます。
知らないうちに限界を超えて頑張っていることもあるので、少しでも気になる方は、このページの下にある、「燃え尽き度」自己診断テストを受けてみてくださいね。

山と空

自分の行動や考え方のパターンを知る

看護の仕事が辛くなった原因がわかれば、対策を考えることができますね。
そのときに、いつも同じだなあと、自分の行動パターンに気づきませんか?

例えば
仕事が多すぎてしんどくなっている場合、人に頼むのが苦手だったり、反対に頼まれたときに、断るのが苦手だったり。
または、本当はやらなくてもいい仕事でも、やらないと心配になったり、必要以上にていねいにやりすぎていたり。

それは、こどもの頃からのいつものパターンかもしれませんね。
小学生の頃も、友達から何かを頼まれたら、嫌だと思っても断れなかったり、やらなくていいことまでやって、疲れてしまったり。

または、若い看護師からバカにされているように感じるけど、そういえば、学生時代も、自分が上の立場になったら、いつも後輩からバカにされているように感じたなあ、と思い出すかもしれません。
自分に自信がないのかなあと、気づくかもしれません。

もしも、昔からいつも同じパターンだなあと、気づくことができれば、パターンから抜け出すチャンスです。

気づくことがまず第一歩。
いつものパターンだなあと、意識するだけでも、全然違ってきますよ。

キーボードと葉っぱ

頑張りすぎる傾向の人は注意を!

次のような行動や考え方のパターンがある人は要注意です。

・ 他人の期待に応えようとしてしまう
・ 頼まれたら、仕事が増えるけど、うれしい気持ちもある
・ みんなが嫌がることを、ついやってしまう
・ 周りから評価されたい気持ちになる
・ 適当にすることが苦手
・ 忙しいときに休むと、罪悪感を感じる
・ 楽をすることは、よくないことだと思う

このような行動や考え方のパターンを持っている人は、ついつい頑張りすぎてしまい、燃え尽き症候群やうつになってしまう可能性があります。

燃え尽き症候群とは、それまで熱意を持って生き生きと働いていた人が、頑張りすぎて、エネルギーを使い果たし、急に元気がなくなったり、気力が湧いてこなくなったりする状態のことです。

もともとやりたい仕事なのに、どういうわけかやる気が起きなかったり、本当はしたいことのはずなのに、どうしても元気が出なかったりします。
その状態が続けば、元々やりたい気持ちがあるので、どうしてできないのだろうと悩み、どんどん自信をなくし、うつ状態になってしまうこともあります。

もしも燃え尽き症候群になりそうな前兆があれば、早めの対策が必要です。
心配な方は、この下にある「燃え尽き度」自己診断テストで、ご自分の状態を確かめてみてくださいね。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む


最近気力が湧かない、元気が出ない、燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方へ、無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」をプレゼントします。

無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」

燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方、いきなり対面やスカイプで話すのは抵抗がある、そんな時は、メールで相談してみませんか?初めての方は、無料で相談できます。今お悩みのことに対して、少しでも前に進めるヒントを、お伝えします。

無料メール相談