燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

働く女性が、燃え尽き症候群からうつになったときに、回復する方法

疲れた女性

燃え尽き症候群になりそうな働く女性を応援するカウンセラー、花里せつこです。
働く女性が、燃え尽き症候群からうつになってしまったとき、どうすれば回復できるのでしょうか?

燃え尽き症候群からうつになってしまったら、燃え尽き症候群の症状は、かなり進んでいる状態です。
回復にも時間がかかるかもしれません。

うつかなと思ったら、とにかく休む

うつかなと思ったらとにかく休むのが一番です。

心療内科のクリニックへ行って、今のつらい状況を話し、燃え尽き症候群やうつと診断されれば、診断書を書いてもらえるでしょう。
上司ともよく相談して、ある程度まとまった期間、休ませてもらいましょう。

それほどひどくないときや、上司には相談できないというときは、そこまで長く休まなくても、有給休暇を使って、できるだけ休むようにしましょう。

ある福祉の職場で働くAさんも、燃え尽き症候群からうつになってしまったようです。
毎日仕事に行くのも、かなりつらくなってきました。
前はあれほど好きだった仕事なのに、今はやろうという気になれず、無理して仕事をしている感じです。
楽しかった同僚との会話も、今はできればあまり話したくない気持ちです。
以前は、てきぱきと仕事をこなせていたのに、今は仕事のスピードが落ちて、自分でもびっくりするような間違いをしてしまうこともあります。

周りの人も最近はおかしいなと気づいたのか、あまり話しかけてこなくなりました。
上司からも「大丈夫?」と声をかけられたけれど、「大丈夫です」と答えてしまいました。
燃え尽き症候群かうつになっているような気がします。

利用者のために頑張らないとという思いで、目の前のこと必死でこなしている感じです。
上司からは、「休んだらどうか?」と言われましたが、一度休んでしまうと、もう来られなくなりそうな気がして、なかなか休む決断ができません。

心療内科のクリニックへ行くと、すぐに休みなさいと言われるような気がして、行くのにも勇気がいります。

Aさんのような状況になると本当につらいですね。
毎日が必死なので、これからどうすればいいか、冷静にゆっくり考えることもできません。
うつになってしまうと判断したしたり決めたりすることも難しくなるので、仕事を休むべきかどうかも自分で決めるのは難しくなります。

そのまま仕事を続けていると、いつか本当にダウンして仕事に行けなくなるかもしれないので、そうなる前になんとかしたいですね。

草原で休む女性

休むのが難しいと思っている方

もしもあなたが、そうは言ってもなかなか休めないと思っているなら、休むのが難しい理由はなんでしょう?

職場で代わり人がいなくて、迷惑がかかりますか?
周りの人からどう思われるかが、気になりますか?
周りからダメな人と思われて、もう仕事に行けなくなりそうですか?
休むと自分で自分のことをだめだと思って、自信をなくしそうですか?
今まで必死でがんばってきたのに、一度休むと、緊張の糸が切れて、どんどん悪い方へいってしまいそうですか?
休まないで必死で頑張っている方が、元気でいられそうですか?

私も過去に燃え尽き症候群からうつになったとき、休むことは、とても抵抗がありました。
なかなか休めなくて、ギリギリまで頑張ったので、とうとうダウンしてしまいましたが、もっと早くから休んでいれば、回復も早かったかもしれません。

それまでやりがいを持って必死で毎日仕事をしてきた人にとって、急に休むというのは、とても抵抗がありますね。
それまで頑張ってきた自分を、否定するような気持ちになるのかもしれません。

休むことは、それまでのあなたを否定することではなく、それまでがんばってきたご褒美だと思ってください。
十分によくやってきたので、今度は休む番です。
人間にはオンとオフが必要なのです。

脳を休める

身体を休めると同時に、脳も休めましょう。
いろいろな心配や不安、いろいろな気になることや悩みなどで、脳はかなり疲れています。
何も考えていないようでも、頭にいろいろな心配が次々浮かんでくる状態は、脳がフル活動しています。
マイナスのことを思い浮かべるというのは、脳にとって、かなり疲れることなのです。
疲れた脳を休めることが大事です。

マインドフルネスの呼吸法を試してみましょう。
ゆったりと座り、軽く目を閉じて、自然に呼吸をしましょう。
いろいろなことが浮かんできても、それは気にせず、今に意識を向けましょう。
今の自分の身体の状態や呼吸に意識を向けることで、脳が休まるでしょう。

カフェのテラス

もしもどうしても休めないとき

いろいろな事情でどうしてもすぐには休めないときは、どうすればいいでしょうか?
もしも仕事を続けるなら、仕事のやり方を変えましょう。

一生懸命に必死で頑張るのではなく、自分のできることをできる範囲で、マイペースでやりましょう。

長年真面目にがんばってきた人にとっては、仕事のやり方を変えるのは簡単ではないかもしれません。

自分がダウンしないためだと思って、できるだけ、仕事量を減らしてください。

話しを聞いてもらう

そして、休めるようになれば、つらい気持ちを誰かにきいてもらいましょう。
家族や友達に、話せる人がいればいいですね。
もしも身近に話せる人がいなければ、信頼のできる専門家に聞いてもらうのがいいでしょう。

自分一人でグルグル考えていたのでは、脳が疲れてしまいます。
気持ちを受け止めて話しを聞いてもらうことで、気持ちが楽になり、ゆっくり休むことができるでしょう。
だんだん元気になってくると、いろいろなフィードバックをもらうことで、前向きな考え方ができるようになるはずです。

HANAカウンセリング・ルームでも、ご相談を受けつけています。
まずはメールでご相談くださいね。

夜明け前

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む


最近気力が湧かない、元気が出ない、燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方へ、無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」をプレゼントします。

無料メール講座「燃え尽き症候群からうつになるのを防ぐ3つの方法」

燃え尽き症候群からうつになるのでは、と心配している働く女性の方、いきなり対面やスカイプで話すのは抵抗がある、そんな時は、メールで相談してみませんか?初めての方は、無料で相談できます。今お悩みのことに対して、少しでも前に進めるヒントを、お伝えします。

無料メール相談