燃え尽きからのうつを予防、気力が蘇るカウンセリング

雑談で部下とコミュニケーション

40d29c936533e240e3dad1ffbb4300e3_s

こんにちは、部下とうまくやりたい!を実現する専門家、花里せつこです。
職場で部下との関係に悩む経営者や管理職の方に、無理に部下を変えようとしたりあなた自身変わろうとしなくても、そのままのあなたを認め自信を持つことで悩みを解決する方法をお伝えし、サポートしています。

部下とコミュニケーションを取るのが難しいと感じている方、仕事の話しはできるけど、雑談ができない、という話しをよく聞きます。
部下へ仕事上の指示を出したり、連絡をしたり、部下から報告を受けたり、そういう仕事面でのコミュニケーションは取れるけれども、それ以上の会話はなく、仕事面以外のコミュニケーションと取るのが難しい、雑談をしようにも、何を話していいのかわからない、そんなお悩みをよく聞きます。

雑談をするには、部下のことを良く知る

雑談は会話の潤滑油のようなもので、雑談することで、仕事を進める上でのコミュニケーションもスムーズになります。
雑談をするには、部下のことをよく知らなければなりません。
部下が、どんなことに関心を持っているのか?
今何に、熱中しているのか?
どんな生活パターンなのか?
どんな趣味を持っているのか?
好きな食べ物は?
好きなタレントは?  などなど

仕事以外の部下の側面を少しでも知ることが、雑談やコミュニケーションを取る上でのヒントになりますね。

例えば、映画好きの人には、○○の映画見た?と聞いてみる
旅行好きの人には、今度北海道に行きたいんだけど、おすすめはどこ?と聞いてみる  など

お昼休み、休憩時間、仕事が終わったあと、仕事のちょっとした切れ目の時間、
一緒に出かける時、待ち時間がある時、など、様々な場面で、雑談をすることでコミュニケーションを取ることがあります。

雑談が自然にできるようになれば、コミュニケーションはうまくいっていると言えますね。

まずは、自分のことを話す

では、雑談をしてコミュニケーションを取りたいけど、何を話していいかわからない時は、どうすればいいでしょうか?
部下のことをあまり知らない場合ですね。

そんな時は、まずは自分のことを話しましょう。
自分が今関心のあることを、少しだけ。
例えば映画が好きなら、最近みた映画の話しをしてみる。それで部下の反応を見て、興味を示したら、部下にも聞いてみてください。
○○さんは、見ましたか? 
どうでしたか?  と

もし興味がなさそうなら、○○さんは、何が好き?
何に興味ある?
とにかく、部下をよく観察して、何に興味を持ってるかを、見極めてください。

ポイントは、
自分の話しをする時には、楽しんで話すこと、部下に質問する時には、恐る恐る聞くのではなく、堂々と自信を持って聞いてみること。
あなたが好きなことを、楽しそうに生き生きと話す姿を見て、部下も、自分のことを話してみようと思うかもしれません。

決して自分のことばかり言うのではなく、部下が話しやすくするために、自分の話しをするという気持ちで、一通り話したら、あなたはどう?と聞いてみてください。
もし部下が話しそうになったら、すぐに自分の話しは中断して、部下の話しを聞いてくださいね。

例えば、雑談しようと話しかけてものってこない、雑談はしたくない、という雰囲気の部下がいたら、どうすればいいでしょうか?
雑談ができないということは、仕事上でのコミュニケーションもうまくいかないことがあります。
雑談できる関係がないと、仕事をする上で、ちょっとした感情の行き違いや、トラブルなどが起きやすくなります。

なぜ、その部下は、雑談がしたくないのでしょうか?
その理由を考えてみてください。

仕事が忙しくてそれどころじゃない、という場合もあるかもしれません。
上司であるあなたが思うより、その部下は仕事をいっぱい抱えて、余裕がない状態なのかもしれません。
部下のことをよく観察して、余裕がなさそうだなあと感じたら、部下の気持ちに寄り添いながら、仕事を抱えすぎてないか、聞いてみてください。
もし仕事が多すぎるようなら、減らす方法がないのか、一緒に考えてみましょう。

少しずつ関係作りをする

ひょっとしたら、それほど忙しくなさそうなだけど、仕事以外の話しはしたくない、という場合もあるかもしれません。
仕事とプライベートなことを、はっきり分けて割り切っている人もいるでしょう。
そんな時は、無理に雑談をするのではなく、少しずつ関係作りをしていくことが大事です。
仕事をしていく上で、少しでもあなたの気持ちを感じられる場面があれば、少しは心を開いてくれるかもしれません。

例えば、その部下が仕事でいい結果がでたとき、気持ちをこめて、努力を労ったり、もしうまくいかなくて困っていることがあれば、気持ちに寄り添いながら、一緒に解決策を考え、さりげなくサポートしたり…

そんな積み重ねで、気持ちが通じれば、ちょっとした合間の時間に、自然に雑談することもできるようになるでしょう。

そうすれば、仕事をする上でのコミュニケーションもスムーズにいき、お互いに気持ちよく仕事ができるようになるはずです。

仕事が一段落してほっとした時や、ちょっと休憩を取りたい時、そんな時に自然に雑談できることが、ほんとに大事なことなんですね。

  • 簡単!3分でできる「燃え尽き度」自己診断テスト(無料)

    あなたの「燃え尽き度」を、3分間で自己診断できます。「チェックを開始する」を押していただくと、20項目の質問が出てきます。どれくらいの頻度であるのか4つの選択肢の中から選んでください。深く考えずに直感で答えてくださいね。終わりましたら、メールアドレスとお名前を記入して、送ってください。すぐにメールにてショートアドバイスをお送りします。 詳細を読む